盗聴器を発見するポイント|身を守るためにするべきこと

レディ

安心して引っ越す為の対策

一軒家

女性一人暮らしの新居に

「ストーカーに狙われているわけでも仕事で重要な秘密を抱えているわけでもないから、盗聴調査とは無縁」と安心している方が大半です。けれど意外なところで盗聴被害に遭う恐れがあるので、ご注意下さい。例えば女性が一人暮らしをする時、最初から盗聴器が仕掛けられた部屋を選んでしまうと入居したその日から盗み聞きの被害に遭ってしまいます。盗聴を行う犯人の中には、相手が誰でも良いからプライバシーを盗み聞きしたい、と感じるケースも少なくありません。私生活では盗聴調査の必要がなくても、新しい住まいに引っ越す時は最初に盗聴調査を行っておくと安心して新生活をスタートすることができます。盗聴調査サービスを提供している引越し業者も増えていることから、危機管理の大事さが伝わります。

女性スタッフが付き添う

女性が盗聴調査を依頼する時、同性のスタッフが付き添ってくれる会社だと相談しやすくなります。盗聴被害に遭う時、見ず知らずの相手に狙われることもありますが、元カレや元配偶者に盗聴器を仕掛けられるケースも珍しくありません。なぜ盗聴器を仕掛けられることになったのか、これまでの経緯や人間關係を説明する時、異性のスタッフには打ち明けにくいこともあるはずです。会社を選ぶ時は女性スタッフに相談できるところも狙い目です。また、盗聴被害に遭っている女性は男性不信に陥っていることも多く、調査会社の男性スタッフでも部屋に入れたくないと感じることがあります。そんな時も女性スタッフが付き添ってくれる会社だとストレスなく作業をお願いできます。費用はもちろん、こういったサービス面もチェックして依頼する会社を絞込みましょう。